施設の再設計工事でクリニックの売上アップ|耐震性能の高いグラウト

メンズ

安く耐震性を高められる

男の人

建物の建設を行なう場合、多くの企業が懸念するのが、建物の耐震性の問題でしょう。国内ではどの地域でも地震の影響を避けることはできないため、地震に見舞われた時を想定して被害をできるだけ抑えるためにきちんとした耐震設計の建物を建設する必要があります。しかし、耐震設計の建物を建てる上で問題となるのがコストです。柱や壁を増やしての建物の構造的な耐久性を高める工事や、耐震ダンパーの設置などを行なえば、その分建設費用の負担が大きくなるため、問題となるのです。できるだけお金を掛けずに建物の耐震性を高めるには、特別な耐震設備の設置を増やすのではなく、素材から耐震性の高いものを選ぶ方がよいでしょう。グラウトと呼ばれる無収縮モルタルを外壁に使用することで、耐震性を大きく向上させることができます。耐震設備を増やして建物の設計を複雑にするよりも、使用している素材をグラウトなどの耐久性の高いものとすることで、掛かる費用を抑えられます。

グラウトは無収縮モルタルと呼ばれる名前通り、形質変化が少ないセメント材です。通常のモルタルは、水を混ぜ合わせて壁や基礎に塗るものです。しかし、水が乾燥することでモルタルは収縮してしまい、建物の耐久性を損なわせるひび割れなどが発生してしまうのです。グラウトは通常のモルタルに比べ耐久性が高く、乾燥によるひび割れも起こりにくいのです。壁にグラウトを使用することで建物の外壁部の耐久性を高め、倒壊などの被害を抑えることができます。また、基礎部に使用することで柱をしっかりと固定し、建物全体の強度を高めることができるでしょう。